クルコを引き継ぐ新しい生協コープクルコ

生活協同組合コープクルコ設立について

 私たちは、新潟県総合生活協同組合として、食の安全と安心を基本としながら活動を続けてきました。その中でも国内自給率の向上を目指し、「産直」に力を注いできました。
 また、将来にわたり残し守るべきものとして、「環境」と「平和」に対する取り組みも行ってきました。これらは時代や背景が変化したとしても持続的に発展させ展開していかなければならないことと思います。
 新潟県は少子高齢化が加速し、人口も減少し続けています。競争環境も一層厳しくなってきている状況のもと生活協同組合としてさらなる県民への貢献を続けていくには、強固な経営基盤を築くことが必要です。 そのためには、新たな組織の枠組みをつくり出すことが不可欠です。また、食を中心としたくらしの課題に集中した取り組みができる組織で事業を行い、経営環境の変化に対応していくことも重要です。
 そこで私たちは、新たに「生活協同組合コープクルコ」を設立し、新潟県総合生活協同組合の宅配事業を引き継いで自立します。厳しい経済情勢の中でも、安定した事業継続を行うために、生活協同組合連合会 コープネット事業連合に加入し、経営基盤を強化していきます。
 あわせて、商品の品揃えの強化、安全性の追求、地産地消、産直の取り組みを進め、「生活協同組合コープクルコ」をさらなる発展に導きます。
 さらに、県内の生協と連帯し、新潟県の生協運動の発展に貢献していきます。
 私たちは、これからも、組合員の協同の力で毎日のくらしと健康を守り、食の安全と安心にこだわり、生活協同組合でしかできない県民への貢献を目的に活動していきます。