自主検査について

検査基準値の見直しと対応について

 クルコでは組合員の皆さまから、安心してご利用いただけるよう、2012年3月1日の検査から2012年4月1日に施行された国の「新規格基準」を検査基準値として採用し、放射性物質の確認作業に取り組んでいます。

  • クルコが行っている独自検査では、検査基準値に対応するスクリーニング検査機器を導入して作業を進めています。
  • 必要に応じて、外部の専門機関にゲルマニウム半導体検出器による精密検査の検査委託を実施します。
  • 東日本地域で製造される牛乳、飲料水、乳児用食品については、製造メーカー等に対して定期的な事前検査を求め、その結果は組合員の皆さまに公表します。上記の3つの商品以外についても、生産者や製造メーカー等が独自に行う放射性物質検査の情報をできるだけ入手し、結果を公表します。

検査基準値と検査対応

≪2012年3月1日より適用する検査基準値と検査対応≫

 
食品群  検査基準値※1
ベクレル/kg 
スクリーニング検査
(クルコ独自検査)
精密検査
(クルコ独自検査) 
 スクリーニング検査
実施
クルコ管理値
ベクレル/kg
一般食品 100 対象 50 ・スクリーニング検査でクルコ管理値を超えた場合に実施。
・クルコのプライベートブランド(PB)商品や産直品など必要と判断した品目に実施。※2
牛乳 50 対象 25
乳児用食品 50 対象 25
飲料水 10 対象除外※3 対象※3
※1
検査基準値は「食品中の放射性物質に関する基準値」(食品衛生法)です。検査対象の核種はセシウム134及びセシウム137で、基準値はこの2つの核種の放射線量合計値になります。
※2
主食である米、クルコのプライベートブランド(PB)商品、さらに過去に出荷制限が行なわれたなどの理由で組合員さんが不安を感じている商品については、スクリーニング検査の結果に関わらず精密検査を実施します。
※3
飲料水は基準値が低いことから、スクリーニング検査では基準値を担保できないため、精密検査を行なうことで対応します。
その他、製造メーカー等が独自に精密検査を実施している場合は、その検査成績書を確認したうえで、クルコが実施している精密検査の結果とあわせて公表します。

上へ

検査体制・検査方法放射性物質の自主検査

 

 

上へ